2016年08月25日

適正なエネルギー量(カロリー)とは?

食事療法では適正なエネルギー量を守ることが大切です。診察時や食事指導の際にこの位のエネルギー量(カロリー)を目安にして下さいと言われたことがあるかと思います。
ではこのエネルギー量とは、どのように決められているかご存知でしょうか?

一日の摂取エネルギー量は年齢、性別、身長、体重、活動量等を考慮して決められますが、まずその人の標準体重を求める必要があります。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22
以上の計算式で求めることが出来ます。下に大体の目安を記しますので参考にして下さい

140cm: 43.0kg
150cm: 49.5kg
160cm: 56.0kg
170cm: 63.6kg

上で求めた標準体重を使って、おおよその1日の適正エネルギーを算出してみましょう。

     軽い仕事(25〜30)kcal
標準体重×普通の仕事(30〜35)kcal=1日の総エネルギー量
     重い仕事(35〜40)kcal
     肥満の方(20〜25)kcal


軽い仕事(あまり身体を動かさない):事務・軽い家事程度の活動量
普通の仕事:立ち仕事や軽作業。比較的体を動かす。
重い仕事(よく身体を動かす):力仕事、肉体労働が多い。

血糖値の状態や年齢等でも前後しますが、男性は1400〜1800kcal、女性は1200〜1600kcalが目安です。1日3食の場合はこの値を三等分した数値が1食の適正エネルギーになります。最近は外食チェーンやコンビニでもカロリー表示をしている場合が多いので活用しながら適正エネルギー量に収めたバランスの良い食事を心がけましょう。
posted by 岡本内科クリニック at 10:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする