2016年10月19日

「質の良い筋肉」で生活習慣病を防ぎましょう

 筋肉を育てていますか?運動することで筋肉量が増え、代謝がよくなることはご存知だと思います。最近では「筋肉の質」を重視する研究が多くあり、「質の良い筋肉」が糖尿病などの生活習慣病を防ぐことがわかっています。
太っていなくても生活習慣病になる人は「筋肉の質」が低下しており、そのことは「体力の低下」「活動量の低下」「内臓脂肪の蓄積」「高脂肪の食事」などと関連していることも明らかになりました。
 では、「質の良い筋肉をつくる」為にはどうしたら良いのでしょう。それには脂肪燃焼効果のある有酸素運動だけでなく、筋肉に負荷をかける無酸素運動も平行して行うことが必要です。無酸素運動をおこなって筋肉に刺激を与え、有酸素運動で脂肪燃焼や血流の改善を促します。
 また、作り上げた「質の良い筋肉」を保持するためにも運動を継続する必要があります。
 毎日忙しいから運動する暇なんてない…と思っている方も多いでしょう。しかし、毎日テレビを見ながら5分間体を動かす習慣をつけるだけでも、運動習慣の入門として十分です。また、時間がある方は食後に大股で20〜40分間少し早歩きをすることで、食後の血糖値を下げながら、足の筋力UPも期待できます。身体の筋肉のうち、70%が下半身の筋肉です。筋量の大きな割合を占める下半身のトレーニングをおこなうことで、脂肪燃焼効果も高まりますので、下半身の運動はおすすめです。
 運動の種類もたくさんあります。運動はストレスを解消させたり、夜の寝つきをよくする効果もあります。無理なく続けられる程度の運動習慣をつけたいものです。まずは、今日から、始めてみましょう!
posted by 岡本内科クリニック at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする