2018年04月12日

普段のご飯の量、わかりますか?

当院では、糖尿病患者さんに対し、糖尿病療養指導士である管理栄養士がいつでも栄養指導できる体制となっています。糖尿病や減量を必要とする患者さんに栄養指導を行う際に、カロリーとともに主食の目安量をお伝えしています。自炊をされる方は、ご飯の量を計ることができますが、外食が中心の方には表示が無い限り量の把握は難しいです。そこで、今回は外食の際、目安になるご飯の量をお伝えします。

 ・コンビニおにぎり・・・約100g
 ・コンビニ海苔巻き・・・約95g
 ・牛丼屋並盛・・・約260g
 ・牛丼屋大盛・・・約320g
 ・ファミレスご飯・・・約180g〜220g
 ・寿司一貫(=2個分)・・・約40g
 ・いなり寿司1個・・・約20g

外食の際に残すことに抵抗を感じる為、食べ過ぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。そのような場合、ご飯の量を知っていることで、注文時に「ご飯を半分にしてください。」等とお願いすることができ、簡単なカロリー調整を行う事ができるようになると思います。100gのご飯を減らすだけで168kcal減らす事ができるので、1日1回主食量を気にすることができるだけでも、1カ月に500g強の減量につながります。外食が中心のため、減量は出来ないと思っている方は、外食の際のご飯の量を知り、積極的に減量に取り組むきっかけにしてください。 具体的なカロリーと主食量の目安については、当院医師または管理栄養士にお気軽にご相談下さい。
posted by 岡本内科クリニック at 16:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする