2017年06月15日

注射部位をローテーションしていますか?

インスリンを打たれている方は注射部位を変更されているでしょうか?また、注射部位が腫れたり固くなっているということはありませんか??注射部位を変更せず、皮膚が固くなっているところに注射していると、せっかくのインスリン効果が弱まってしまったり、吸収が不安定になることで予期せぬ低血糖を招く原因ともなります。

@ 注射範囲は広くもつ。少なくても左の脇腹から右のわき腹まで。
A 注射部位を毎回2〜3pずらすことが大切です。
『サイトローテーションシート』
サイトローテーション.png
日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
インスリン自己注射
「サイトローテーションシート(成人腹部用)」

 また、注射部位を触ってみて、しこりや腫れているような変化を感じ取れなくても、同じ場所ばかりに注射しているとインスリンの吸収が悪くなり、インスリンが効かなくなっている。ということが多々あります。
さらに、インスリンの単位数が多い方、注射頻度が多い方にしこりや腫れが出来やすいと言われています。

患者さんから「他の場所は痛いので打たない、同じところに打っている。」という声を多く聞きます。しかし、しこりや腫れに注射すると痛みが鈍くなっているため、痛みを感じにくいことがあります。痛くないからとしこりに注射を続けることで、ますますしこりが大きくなっていく…。という悪循環が生じてしまいます。
慣れていない場所に注射をすることは不安に感じることもあると思います。また、長年の注射が自己流になってしまい手技を確認したい方もいらっしゃるかと思います。糖尿病療養指導士の資格を持ったスタッフが注射部位や範囲も確認しますので、どうぞお気軽にご相談ください。
posted by 岡本内科クリニック at 13:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘモグロビンa1cについて教えてください。
現在タモキシフェンを服用してますが影響しますか?
薬を飲みはじめてから上がり始め毎年0.1ずつ上がってます。主治医はなんとも言えないという回答です。
空腹時血糖は100以下です。中性脂肪は84ぐらいです。
このままヘモグロビンa1cが上昇しつづけたらと思うと不安です。
Posted by み at 2017年07月09日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: