2017年07月18日

夏場のインスリンの保管、持ち運びについて

7月に入り、暑い日も多くなってきました。皆様、インスリンの保管や持ち運びはどのようにされていますか。インスリンは凍らせたり、30度以上の高熱にさらされたりすると変性してしまい期待される効果が得られないことがあります。そこで、当クリニックでは、使用中のインスリンは直射日光の当たらない室温保存、未開封の物は凍らないよう冷蔵庫の開き扉にあるポケットでの保管をおすすめしています。
 また、このような暑い日にインスリンを持ち運ぶ際も注意が必要です。暑くなり過ぎた車内や、会社のロッカー内に置きっぱなしにすることがないよう注意して下さい。インスリンを持ち運ぶ時は、なるべく保冷バック(100円ショップ等で売っています)に入れ
@保冷剤と一緒に入れる(凍った保冷剤を一度タオルで包み、インスリンを凍らせないよう注意してくださ
い)
A冷たいペットボトルの飲み物と一緒に入れる(脱水予防のためにも、飲み物を持ち歩くこともおすすめで
す)
 炎天下で長時間持ち運ぶ際は、このような工夫をしてみて下さい。
 インスリンは変性すると白く濁り塊が出来ますので、無色透明のインスリンが変化してしまったら使用せず、新しいインスリン製剤を使用するようお願い致します。また、予備のインスリンが無い場合は、速やかに受診し新しい製剤を処方してもらうようにしてください。
 夏は様々なイベントがあるかと思います。もう一度保管方法について確認し、楽しい夏を迎えましょう。
posted by 岡本内科クリニック at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: